東邦リース株式会社

リースの仕組み

リースとは

リースとは、お客さまが必要とする設備を、リース会社が代わりにメーカー・ディーラーから購入し、お客さまにお貸しする仕組みです。

物件の所有者はリース会社で、お客さまにはリース期間中リース料をお支払いいただきます。

お客さまは、自社で物件を所有するのと同様にその物件をご使用いただけるほか、多額の購入代金の調達が不要になります。また、リース料の全額経費処理ができる(新リース会計基準対象企業を除く)など、様々なメリットを得ることができます。

メリットの詳細は、「リースのメリット」をご覧ください。

リースの仕組み

リースの仕組み

リースのメリット

「所有」から「使用」へと発想を少し転換することで、大きなメリットが生まれます。

「リース」を有効に賢く活用することで、お客さまの「効率経営」実現のお役にたてます。

資金を効率良く運用

資金を効率良く運用

大切なご資金を取り崩さず、企業経営に必要な設備機械をご用意できますので、手元資金を有効に、弾力的に活用できます。

事務負担を軽減

事務負担を軽減

機械設備所有に伴う減価償却の計算、固定資産税の申告納付、保険契約など多くの事務負担が省略できます。

コスト管理が容易

コスト管理が容易

リース料は毎月一定額ですので、機械設備の使用コストを容易に把握できます。原価計算が明確になり、かつ合理的に行うことができます。

機械設備の陳腐化を軽減

機械設備の陳腐化を軽減

技術革新の著しい機械設備は旧式化する恐れもあります。適切なリース期間を選んでリースを利用すれば、常に最新設備でご利用になれます。

金利変動リスクを回避

金利変動リスクを回避

原則、リース料は契約時に一定額を決め、契約期間中は変わりません。月々のお支払額が平準化でき、金利変動リスクが回避できます。

リース料の経費処理

リース料の経費処理

中小企業のお客さまは、毎月のリース料を賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理ができ、税法上も損金として認められます。

リース契約の流れ(自動車リースを除きます)

ステップ1.物件の選定

お客さまがメーカー・ディーラー(以下「売主」と言います)と交渉し、導入する機械設備を決定していただきます。

ステップ2.リースのお申込み

物件が決まりましたら、売主からのお見積書・カタログを添えてご希望の支払条件等を東邦リースにお知らせください。なお、その際に会社経歴書や財務諸表などのご提出をいただくことがあります。あらかじめご了承ください。

ステップ3.お引受の決定

お申込みにしたがいリース契約の可否について迅速に決定し、条件にもとづいてリース料のお見積書を提示いたします。

ステップ4.契約

リース料、リース期間、開始日等の条件が整い次第、リース契約を締結いたします。

ステップ5.発注・納入

契約が完了次第、東邦リースから売主に物件を発注します。
発注された物件は、売主より直接お客さまが指定する場所に納入されます。
ご必要に応じて、お客さまと売主との間で、アフターサービスに係る保守契約を締結してください。

ステップ6.検収・リース開始

物件が納入されましたら、お客さまが物件の状態を確認のうえ検収し、初回リース料をお支払いただきます。この日からリース契約が開始します。併せて東邦リースあて「物件借受証」をご提出ください。
第2回目以降のリース料は、自動振替等の方法により毎月の所定日にお支払いただきます。

ステップ7.物件代金のお支払

物件の代金は、東邦リースから売主にお支払いたします。

ステップ8.満了

リース期間満了前に、東邦リースよりお客さまに満了のご案内をいたします。
物件をそのまま継続して使用する(再リース)か、ご返却いただくかは、お客さまが選択できます。

<再リース>

リース物件の継続使用をご希望される場合は、1年毎の再リース契約により、格安の料金でご使用いただけます。

<ご返却>

リース物件をご使用されない場合には、物件を東邦リースにご返却いただきます。

リースの取扱い物件

オフィス内設備の一例

情報機器・通信機器

情報機器・通信機器

コンピュータ機器等のハードウェア・業務管理システム等のソフトウェア・POSシステム・カラー複合機・通信機器・事務機器 など

店舗・レジャー設備

店舗・レジャー設備

ショーケース・冷凍ショーケース・冷凍(蔵)庫・陳列棚・BGM装置・自動包装機・製氷機・クリーニング機械・レジャーセンター設備 など

工場設備・産業機械

工場設備・産業機械

産業用ロボット・金属圧延機・醸造機械・化学機械・印刷機械・半導体生産設備・自動組立装置・土木建設機械・食品加工機械 など

工作機械

工作機械

マシニングセンタ・NC施盤・NCスライス盤・NC中ぐり盤・NC研削盤・レーザー加工機・NC放電加工機・NCワイヤーカット など

病院設備・医療機器

病院設備・医療機器

超音波診断装置・エックス線装置・心電計・血圧計・脳波計・歯科ユニット・耳鼻科ユニット・眼科ユニット・検診台・ベッド など

試験研究機器

試験研究機器

エックス線解析装置・赤外分光光度計・赤外線ガス分析計・ガスクロマトグラフ・分子量測定装置・電子顕微鏡 など

オフィス外設備の一例

輸送用機器

輸送用機器

乗用車・バス・トラック・フォークリフト・コンテナ・鉄道車両・船舶・航空機・洗車設備・自動倉庫 など

建設機械

建設機械

ブルドーザー・フォークリフト・パワーショベル・バックホー・トラッククレーン・鉱山機械・パッチャープラント など

リースQ&A

一般的なリース

リース料はどのように算出されるのですか?

リース料は、物件の取得金額に、リース期間中の金利・固定資産税・動産保険料を加えて計算されます。このリース料総額をリース期間で均等に割ったものが、毎月のお支払リース料です。

 

物件の取得価額に対する月額リース料の割合をリース料率といいます。

リース期間はどうやって決めるのですか?

お客さまのご要望で決めていただくことができますが、リース料全額を損金処理できる税務上の適正リース期間は、物件の法定耐用年数の70%(法定耐用年数が10年以上の場合は60%)以上の年数(端数切捨て)と定められています。

例えば、法定耐用年数が5年の物は3年以上、同10年のものは6年以上が適正なリース期間となります。

リース物件に対する動産総合保険とはどのようなものですか?

動産を対象とし、偶発的に起こる事故災害、火災・破損・爆発・盗難・衝突・落下などによる損害を補償するものです。

免責規定や事故後の手続き等の詳細は、東邦リースまでお問い合わせください。

リース物件の修理やアフターサービスはどうなりますか?

リース期間中の物件の維持管理はお客さまに行っていただきます。(自動車リースのメンテナンスリースの場合を除く。)

リース物件でもメーカーやディーラーのアフターサービスが受けられます。その場合の保守契約はお客さまとメーカー等とで直接結んでいただきます。

リース契約は中途での解約はできますか?

リース契約はレンタルとは異なり、リース期間の途中で解約することはできません。

不使用等の理由により止むを得ず解約する場合は、物件をご返却いただき、当社の提示する損害金をお支払いただいて契約を解除することになります。

リース期間が満了となった場合はとうすればよいですか?

リース物件を引続きご使用される場合は、1年毎の再リース契約により割安な料金(当初契約の年間リース料の1/10)でご使用いただけます。ご使用されない場合は契約を終了し、当社の指定する場所へリース物件を返還していただきます。

廃棄処理にかかる費用は東邦リースの負担ですが、物件の返還に要する輸送費等はお客さまのご負担となります。

自動車リース

どんな車をリースできるのですか?

お客さまがお選びになられたすべてのメーカーの車種が対象となります。乗用車、トラック、バス、また冷凍車などの特殊自動車でもリースで取扱うことができます。(ご希望の仕様に対応したお車を当社で提案することも可能です。)

個人でもリース契約ができますか?

申し訳ございませんが、当社のリース契約は法人のお客さまを対象とさせていただいております。

リース料はどのくらいになりますか?

お客さまがご希望になられるニーズをお伺いした上で、その個々の内容によりお見積を提出させていただいております。

ファイナンス・リースの場合は、車両代金に加え、登録諸費用・自動車税等の費用をリース料に組み入れることができます。また、メンテナンス・リースの場合には、ファイナンス・リースをベースにお車の定期点検、車検整備、故障修理、消耗品の交換などお車の保守管理に関する費用を加えることも可能でございます。(当社のご用意するサービス内容は、当ホームページの自動車リースの内容をご参考にご相談ください。)

リース契約は中途での解約はできますか?

申し訳ございませんが、中途解約はできません。ただし、お車が全損事故等で継続使用が出来ない等の止むを得ない場合にはご相談ください。(解約に際して残りの期間のリース料等の解約損害金の清算をいただきます。)

中途解約での清算を頂きましても、お車は当社へご返却をいただきます。(購入選択権付の場合にも同様です。)

別な支店(事務所等)で使用できますか?

会社のご事情により使用場所を変更する場合には、予め当社までご連絡ください。所定の変更届をご提出いただきます。(メンテナンス契約の場合には、点検・整備で当社指定工場をご利用いただく場合があります。)

お車をご契約者以外の第三者に譲渡、転貸、担保差入れ等はできません。

車検はいつから受けられますか?

継続車検は車検期日の1ヶ月前から受けられます。車検切れの無いように余裕を持って車検実施をお願いいたします。(万が一車検切れの場合、公道上の走行はできません。無車検車運行となり処罰されます。)

車検期日が近づきましたら、当社業務委託先である株式会社日本カーソリューションズより、期日のご案内やご契約内容により車検に必要な書類をお送りいたします。

事故を起こした場合にはどうすればよいですか?

期間中の事故での修理はお客さまのご負担で実施していただきます。発生の際は、事故現場での被害者救護、現場保存・危険防止、警察届出等を優先させて、その後当社まで事故内容について報告をお願いいたします。

またご契約終了時には、リース使用期間中ご使用になるなかでのキズ、へこみ、汚れなどは修繕いただき、自動車を原状回復のうえでご返還をお願いいたします。

申告予定走行距離を超えた時はどうなりますか?

お車の返却時、実際の走行距離がご契約時に申告いただいた距離を著しく超過したことにより、自動車価値の減少や修理費用等の損害のある場合には、超過走行距離料金をご負担いただく場合もございます。

点検など保守管理はどうしたらよいですか?

ファイナンス契約の場合には、お客さまご自身で整備工場をお選びいただいて結構でございます。

メンテナンス契約の場合には、当社の指定工場で、お客さまとの契約内容により、オイル交換、車両の整備や継続車検等をお受けいただけます。

リース期間が満了した際はどうすればよいですか?

ご契約期間が終了する3ヶ月前を目途に、当社より期日満了のご案内を差し上げます。

お客さまのご希望により、①再リース契約を結んで継続使用する、②お車を返却して終了する、③新しく契約を結んで新車への入替(車両返却)、をお選びいただけます。また、当初のご契約内容により、購入選択権の行使をいただくことによりご購入も可能でございます。

上記で再リース契約をご希望の場合、その時点でのお車の経年、走行距離、諸税の変動、またメンテナン料の増加等により当初契約よりもリース料が増加する場合もございます。

届出用紙のダウンロード