リース契約の流れ

STEP
物件の選定

お客さまが、メーカー・ディーラー(以下売主と言います)と交渉し、導入する設備を決定していただきます。

STEP
リースのお申込みと引受の決定

物件が決まりましたら、売主からのお見積書・カタログを添えてご希望の支払条件等を東邦リースにお知らせください。
なお、その際に会社経歴書や財務諸表などの提出をいただくことあります。あらかじめご了承ください。

お申込みにしたがいリース契約の可否について迅速に決定し、条件にもとづいてリース料のお見積書を提示いたします。

STEP
ご契約

リース料、リース期間、開始日等の条件が整い次第、リース契約を締結いたします。(相互調印となります。)

リース契約が成立して初めて売主への発注が可能になります。

STEP
発注・納入

契約が完了次第、東邦リースから売主に物件を発注します。

発注された物件は、売主より直接お客さまが指定する場所に納入されます。
必要に応じて、お客さまと売主の間で、アフターサービスに係る保守契約の締結をお願いします。

STEP
借受証交付・検収・リース開始

物件が納入されましたら、東邦リースより「納品書」と「借受証」をお渡しします。
お客さまが物件の品質等の確認を行い、問題が無ければ東邦リースあて「借受証」をご提出ください。

お客さまが「借受証」に記載した「借受日」が、リース契約開始日となります。

物件品質等の確認とは?

納入された物件の検査を行い、物件の品質・種類及び数量(規格、仕様、性能、その他物件について必要とする一切の事項を含む。)が、契約の内容に適合していることを確認したことをいいます。

STEP
物件代金のお支払い

物件の代金は、東邦リースから売主にお支払いいたします。

STEP
リース期間満了

リース期間満了前に、東邦リースよりお客さまに満了の案内をいたします。
物件をそのまま継続して使用する(再リース)か、ご返却いただくかは、お客さまが選択できます。
継続使用の場合、1年毎の契約となり再リース料は年額の約1/10となります。

自動車は別途個別契約となります。

リース物件をご使用されない場合には、物件を東邦リースにご返却頂きます。